Web「はる先生のさんすう教室」は、発達障害がいや発達障がいの傾向がある子どもの保護者の方・支援者の方の無料支援相談をおこなっている『DDサポートひらかた』の地域貢献事業の一つです。

  無料支援相談をご希望の方は、『DDサポートひらかた』のホームページをご覧下さい。 こちらへ

 このサイトでは、算数の学習支援に役立つ『教材』『学習支援ソフト』の紹介や『動画授業』『支援のちょこっとアドバイス』の提供をおこなっています

支援のちょこっとアドバイスの例です。 足し算引き算で指を使う


詳しくは、こちら

支援のちょこっとアドバイスの例です。 繰り上がりのある計算


詳しくは、こちら

支援のちょこっとアドバイスの例です。 かさの単位

mLとdLの関係

dLとLの関係

mLとLの関係


詳しくは、こちら。

開発した教材の例です。

 写真クリックで、作成用PDFシートのダウンロードページへ     

数のパズル

おにぎり型パズル

おにぎり型パズル

数字をクリップ

数字をクリップ


あわせましょうカード 

あわせましょうカード 

わけましょうカード

わけましょうカード

五玉算盤

十玉算盤


たし算カード

たし算カード

ミニたし算カード

ミニたし算カード


引き算カード

引き算カード

カップ神経衰弱


九九ブックレット

九九円盤

逆転九九円盤


  • かけざんシート
  • かけざんカード

作ってみよう使ってみようと思われる方は、写真をクリックして下さい。

■何故?算数でつまずくの???

   算数を苦手としている子どもの中には、空間の中での物と物との位置関係や全体と部分の関係を捉える力が弱く、数をまとま りと して捉えることや、物を合わせたり取り去ったり分けたりする操作を頭の中でイメージすることが困難な子どもがいます。算数のつまずきの根本的な原因が、このようなところにある子どもも少なくなく、算数障がいが疑われるケースもあります。

 

 このような場合、ドリル型のプリントを繰り返しおこなうことでつまずきを解消することが困難になります。問題の解き方を教えた時はなんとかできるのに、しばらくするとできなくなってしまうことの繰り返しになってしまいます。原因として解き方を機械的に暗記しているだけで、本質的な理解ができていないことが考えられます。

 

 

 つまずきの解消法として、具体物を使って空間内での操作を実際におこなってみること、絵アニメーションなどの視覚支援が入った課題を繰り返しおこない、何度もイメージを脳内に入力する ことが有効になることがあります。

 

■ 講師派遣

大阪市旭区「こども理解のための講演会」
大阪市旭区「こども理解のための講演会」
枚方市「こころの電話相談員養成講座」
枚方市「こころの電話相談員養成講座」

「DDサポートひらかた」では、研修会や講演会の講師派遣をおこなっています。詳しいことは、こちらへ

online traffic since 2014/4/1